勉強をするときに役立つのが問題集です。参考書などで勉強を行ないますが、その後に確認のために問題集を使うとより勉強しやすくなります。覚えたことの確認に使うこともありますし、問題集を繰り返し行なうことでそれを覚えて勉強効果を高めることもあります。問題集には過去に出題された問題を厳選して集めたものもありますが、それ以外に独自に一から作成したものも存在します。小学校受験に対しては専用の問題集があるのでそちらの利用が有効なことがあります。利用するなら志望校の過去問題を使います。高校や大学と違って知識を問うよりもどのような出題がされるのかを知っておくのに効果があります。子どもも日ごろからその問題を行なうことで慣れておくことができ、同じ様な出題がされたときに対応しやすくなります。過去問題集が出されていない学校もあります。

小学校受験でどれ位問題集をしないといけないか

校の授業の復習のためなどに問題集をすることがあります。小学校などでは計算ドリル、漢字ドリルといわれる問題集を行うことがあります。一定のテーマに沿った問題が1ページに複数あり、それを解くことでそのテーマの理解度を高めることができます。宿題で10ページぐらいするように言われたらそれだけで嫌な気分になることもあるでしょう。人からいわれてやるのは楽しくはありません。小学校受験をするためにはどれくらいの問題集をしないといけないでしょうか。ペーパーテストがある場合、またペーパーテストの点数が合否に影響しやすい場合はとにかく子どもにやらせる必要があります。毎日数時間問題集をやることもあるといいますからまさに中学受験のような勉強をすることもあります。もちろん内容はそれ程難しいものではありません。子ども集中力を維持させるようにして勉強させます。

小学校受験の勉強は量と質のバランスを保つ

勉強の方法としてとにかく量をこなすことがあります。ある程度範囲が決まっているような勉強の場合、先に範囲を終えてしまえばそのあとは繰り返しその部分の繰り返しを行ないます。そうすることによって身につけられる場合があります。しかしこのときには内容を理解しておく必要もあります。内容なく覚えようとすると単に答えや結果を覚えるだけになり、応用力などがつかなくなります。小学校受験の勉強ではどうしても量をこなすのに時間を取ることがあります。子どもに内容を細かく理解させるのは時間がかかることもあり、多くのプリントなどをやらせるだけで済ませてしまうことがあります。もちろん量もある程度は必要ですが、内容の理解ができる質も重視した勉強をさせます。子ども一人でするのは難しいので親もしっかりと協力をして勉強に付き合わなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*