日本では学校は4月1日に新学期が始まり3月31日までです。各学年は4月1日から3月31日に同じ年齢の人が同じ学年になるようになっています。注意は誕生日と人の年齢は少し考え方が異なることです。人の年齢の加算は誕生日の前日とされます。そのため4月1日生まれは3月31日に年齢が上がるために最も早生まれになります。小さい頃は特に1年で体の大きさなどが大きく変わります。小学校受験では月齢を考慮した選考が行なわれるとされます。4月や5月生まれと2月、3月生まれだと身体的にも、能力的にも差が出てしまいます。それを考慮してもらえます。また実際に入学する子どももある月が誕生月になる子が偏らないようにされることがあります。となるとその年によって合格しやすい生まれ月、しにくい生まれ月が発生することがあります。これはどうしようもない部分です。

小学校受験で超難関大学の付属

一般的に小学校から大学まで学校があるようなとき、まず大学ありきで、付属高校、付属中学、その下に付属小学校などができるケースが多そうです。でも中には逆のところもあります。先に有名私立小学校が開設されて、その後に中学、高校、さらに大学までできるケースもあります。超が付くような難関大学になるとかなりの伝統校になるので、大学から先に設立されているケースが多いでしょう。小学校受験をするとき、超難関大学の付属校のことがあります。基本的には中学や高校も付属として設置されていて、エスカレーター式に上の学校に進むことができます。高校の時には学部を選択して大学に進学することができます。エスカレーター式といっても必ずいけるわけではありません。それぞれに進級するときに一定の学力があるかどうかを見られます。自分のがんばりも必要になります。

小学校受験で高校までの付属がある学校

公立の学校に通う場合は最初に受験を経験するのは高校受験です。そして大学受験などになります。今は中学受験をする人が増えていて、中高一貫校に行く場合は高校受験はありません。その後に大学受験を控えることになります。受験に関しては難関の学校に行こうと考えれば考える程難しくなります。負担も大きくなります。できるだけ負担なくいい学校に行かせたいのが親の希望で、子ども自身も考えることです。小学校受験では、高校までの付属がある学校を選ぶことがあります。大学がなかったり、大学へのエスカレーターでの進学が基本的にはない場合です。このときには小学校も重要ですが将来進むことになる中学や高校のレベルも重要になります。中学受験をする必要がないので、小学校の間に勉強などのやり方を知ることができます。早いうちに勉強のやり方を身につけられるので、大学受験もしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*