同年代の人たちが集まると仲がよくなることがあります。これは子どもでも大人でもあるでしょう。このときにどのように接するかですが、大人であればある程度大人の対応になります。同年代でも最初は敬語からになり、打ち解けてくると少しずつ上下関係を意識するようになります。同じ年齢であれば同等に接することになるでしょう。自分が一番上でも周りより下でもない対応をします。小学校受験で見られることにグループ内の行動があります。受験生が複数人集められてその中での行動が見られます。最も重要視されるのが協調性で、一緒に楽しく行動できているかです。ではリーダーシップを取るような子はどうかです。お山の大将のようなリーダーだとあまり評価はよくないかもしれません。一方で困っている人を積極的に助けたりするようなリーダーは評価されやすいです。

小学校受験で手先の使い方を見る試験

人は二足歩行になって手を使えるようになりました。さらに火等を使えるようになって他の動物よりも進化をしたといわれることがあります。日常生活でも手は非常に重要で、食事をしたり顔を洗ったり多くのことを手で行うことになります。でも生まれたときにすべてができるわけではなく、生活の中でいろいろな人から教わってできるようになります。人によっては他人よりも器用に使える人もいます。小学校受験では手先の使い方を見る試験が行われることがあります。何らかの道具を与えられて、それを上手く使えるかどうか見られます。洋服を着たり、脱いだり、洋服をたたんだりする様子を見られることもあります。小学校になれば体育の授業などでは体操服への着替えなどがあります。給食では自分で食べるだけでなく、配る担当をすることもあります。日常生活で上手く使える必要があります。

小学校受験でペーパーがあるかないか

大学受験では一般入試では必ずペーパー試験があります。学力を見られますから、学校によってはかなり勉強をしなくてはいけません。一方で推薦試験だとペーパーが課されることもありますが、それ以外の部分が見られることが多くなります。スポーツの成績や課外活動などを見られます。ただし対策のしやすさからすると傾向などがわかりやすいペーパーテストの方が受けやすい場合もあります。小学校受験では、学校によってペーパーがあるかないかがあります。ペーパーがあるときはそれなりに子どもに勉強をさせていれば答えられるようになるので対策のしがいがあります。大学受験とよく似ています。一方でペーパーがないと日常生活などの部分の子どもの能力が重視されるので決まった対策がしにくいとされます。良い子供に育てる必要がありますが、親の影響も大きく左右するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*